学ぶ

明治・大正時代の建物が
今なお残る福島県郡山市。
当時としてはモダンな建物も多く、
国の重要文化財となっているものもあります。

郡山へ行こう! > 学ぶ > 宮本百合子の碑

みやもとゆりこのひ

宮本百合子の碑

東京に住む宮本百合子(1899-1951)は、幼いころ毎年祖母が住む郡山の開成山を訪ねていた。
当時の開成山周辺は、安積開拓の入植者が荒地を開墾していたが、その暮らしは貧しく、百合子はその情景を「貧しき人々の群れ」に描き、文壇に発表した。
この碑には、「貧しき人々の群れ」の一節が記されている。
所在地 郡山市開成1丁目
交通 郡山駅から車で15分
問い合わせ先 ■こおりやま文学の森資料館
TEL:024-991-7610

学ぶ