富岡唐傘行灯花火|文化財|郡山の史跡・文化財・公共施設|郡山市観光協会

学ぶ

文化財

観光マップ観光スポットリスト

富岡唐傘行灯花火 (とみおかからかさあんどんはなび)

この花火は、毎年10月第2日曜日(体育の日の前日)に、鎮守の亀賀森神社の祭りに行われる仕掛け花火です。
言い伝えでは、明治初期から始められ、当時は雨乞いと豊作祈願、家内安全のために行われていたといわれています。
角形の枠行灯の上に閉じられた唐傘が取り付けられ、導火線によって枠行灯に火が移ると、花火が四方に飛び散り、その後、導火線で上部の唐傘に移り、閉じられた傘が開き、光が雨のように降り注ぐ仕掛けになっています。
所在地 郡山市三穂田町富岡
交通 郡山南ICより車で20分
問い合わせ先 ■三穂田公民館
TEL:024-953-2819

郡山市の観光スポットをご案内

さくら物語〜郡山の桜〜

イベント・祭・花暦情報

観光movieチャンネル

メールマガジン配信中